読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

James Brown@You Tube

体調悪いまま一週間を過ごしたオレですが、ようやくジムへ行ける程度まで回復しますた。今週末はアメリカに行くのだから体調を戻しておきたいものです。

さ、仕事も今イチ進行しないままYou Tubeでいろいろ音楽ビデオを漁ったりしておりました。その中で特にオレのハートを鷲掴みにしたのは全盛期のジェームズ・ブラウン先生。音楽だけでも最高なJB大先生ですが、やっぱ映像がつくとそのカリスマ性に圧倒されます…てゆうか、カッコエエエエエエエエ!!!!!! そのうちのいくつかを紹介。(いつ消えるかわからんけど)

まず手始めに1966年、エド・サリバン・ショーのJB。曲は「Papa's Got A Brand New Bag」(プリンスの「Kiss」の土台となった曲)と「I Feel Good」のメドレー。JBの登場の瞬間の足さばきを観よ!! 短いのでもっと長く観たかった。JBのハイパーエナジーがあふれていて素晴らしい。

http://youtube.com/watch?v=L6zP7FkaovA

次は、1965年らしい、T.A.M.I.ショーのJB。曲は「Out Of Sight」。「Cold Sweat」とともにJBのファンキーソウル路線の幕開けを飾る名曲。イントロのJBの「片足横滑り」にシビレる!! まだ痩せているJBはちょっと羽賀研二似? といったらJBファンにしばかれそう。とにかくカッコいい。

http://youtube.com/watch?v=p_RCPoIP-tw

次はもうちょっとあと、JB最盛期の終わりの方、1971年のパリのオリンピアシアターのライブの幕開け。曲は「Brother Rapp」と「Ain't It Funky Now」の超ド級ハードコアファンクのメドレー。バックはブーツィー・コリンズがベースだったころのJBズ。オリンピアシアターのコンサートは(この映像の日の演奏かどうかはわからんけど)、「Love Power Peace」としてCD化されてるけど、映像を観るのは始めて。CDを聴くと、必ずしもJB自身は本調子じゃないという感じなんだけど、映像を観るとそのあまりのカッコよさにしょんべんちびりそうになります。スーツ着てるけどワイルドです!

http://youtube.com/watch?v=9D8CYNItygE

最後に、同じ時期、同じメンツの別のライブ。曲は「Sex Machine」と「Soul Power」のメドレー…を短くカットしたもの。このころのJBは「Sex Machine」をやりはじめると長くなり過ぎる傾向があったので、気軽にビデオ楽しむならこういう乱暴な切り方もいいかも。合いの手係の若きボビー・バードがたっぷり映っているのもうれしい。ここでのJBは野獣というかゴリラのようにワイルドでイカします。

http://youtube.com/watch?v=__eOCQrxnDM

オマケ。Saturday Night Liveでのエディー・マーフィーのJBモノマネ。たかが風呂に入るのに大騒ぎです。まあ、ルックス的にはJBというよりプリンスという感じだが…。音が超デカいので注意。

http://youtube.com/watch?v=O72nWhvlW1E

以上です! Good god!!!