読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松岡農水相自殺

news

事務所費の不透明な支出計上などで追求されていた松岡利勝農林水産大臣と、官製談合で告発された緑資源機構の前身団体の理事・山崎進一氏が5月28日と29日にそれぞれ自殺しました。お二人のご冥福をお祈りします。松岡氏については安倍首相が擁護したのが逆に退路を断つ事になり、進退窮まったということなのでしょう。

悲惨な事件で暗澹たる気持ちになりますが、正直、怒りも感じます。緑資源機構の話は詳細はよく知りませんが、松岡氏の不透明支出はどうみてもクロでした。大学教員も昨今研究費の不正使用で吊るし上げられて問題になり、研究費の運用もどんどん厳しくなっています。いろんな制約があり、不便なことこの上ないですが、一部の研究者とはいえ、実際に不正が起こっているので不正防止のためしょうがないと思っています。それに比べると国会議員の経費計上ってずいぶんとどんぶり勘定だなと驚いてしまいます。経費を計上するような立場にある人なら感覚的に分かると思いますが、松岡氏の事務所経費の計上の仕方は明らかにマトモじゃない。言い訳も滅茶苦茶だし…。

あでも、オレが「怒りを感じる」というのはそこじゃないんですよ。オレが感じている怒りは汚職自体に対してじゃなくて、「青少年の自殺」「いじめ自殺」が問題になっている昨今で大臣が自殺すんなよ!という怒りです。大臣が自殺して、政府はどの口で「若者よ、生きろ!」と言えるんだ。進退窮まったら死んでもいいのか。追いつめられてもボロボロになっても生きるべきではないのか。しかも後を追うように緑資源関係者も自殺して。本当に日本のことを考えているのか。自分と自分が属する組織のことしか考えていないのではないか。

どうにもやりきれない気持ちになります。