読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失礼します!

職場から帰宅するときにいつもひっかかることがあります。それは何かと申しますと、職場を出る時、守衛室の前を通るわけですね。で、人の出入りが多い時間ならば、守衛さんと会釈するぐらいで終わるんですが、ぼくはたいてい帰るのが遅く、他に人気(ひとけ)がないことが多いんです。そういうときは、会釈だけではなく、声も交わすわけですが、ぼくはとりあえず、

「失礼しますー」

と言って会釈して去るわけです。すると、それに対して、守衛さんが

「失礼します!」

と言って礼を返してくるんですね。

「失礼します」に対して「失礼します」。これがしっくりこなくて...。ぼくの側からみると、「守衛さんはまだ仕事があって残るのに、こちらは仕事を切り上げて帰るのだ→お仕事中のところ恐縮ですけど、こっちはお先に帰らせていただきます」という意味の「失礼します」なわけです。

じゃあ、守衛さんがぼくに「失礼します」と言うのはどういうことなのでしょうか。守衛さんはお仕事を続けているわけだから、帰宅するぼくに対して礼を失しているということは何一つないような気がするんだけど...。しかも、特定の守衛さんだけでなく、どの守衛さんでも「失礼します!」と言ってくるので、もしかしたらぼくの言語感覚がおかしいのだろうかと不安になったりするのであります。

帰宅する従業員に対して守衛さんがかける言葉としては「お疲れさまでした」系の言葉が一番自然な気がするけど、どうだろうか…。