読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキスト庵10周年オフ会@東京 終了

えーと、わたくし【な】は、テキスト庵という小規模な、更新報告型テキストリンク集を運営しているのですが、そこが10周年を迎えますので、それを記念するオフラインミーティングを東京で開催いたしました(大阪でも開催予定)。

…と、テキスト庵を知らない人を意識して固い書き出しにしたものの、書くことは内輪ネタのみなので、そんな前置きいらなかったか。

リアルタイムのレポートはtwilog(12/5分)を参照ください。いちおう「ツイッターでレポートする」と宣言した以上、泥酔しつつ頑張って投稿しましたよ。最後の方はっきりいって記憶ないけど。

あまり人見知りしない方ですが、参加者15人、うち10人は初対面…会場に行く前はさすがにちょっと緊張しました。照れ隠しに古くからの知り合いのよしき(nifty時代からの知り合い)や人間城さん(同じ大学、同じサークル)にとりあえず絡んだり。しかし、とりあえず乾杯して、名前紹介だけしたら、後は堰を切ったように怒涛の展開でしたね。怒涛のハイテンション飲み会。個室だからか、飛ばしまくり。

ちなみに、15人という参加者数ですが、これぐらいの人数が「みんなと話せる」ギリギリの人数だと言う気がしました。ハイ。幹事のCHARADEさんとはほとんどしゃべりませんでしたが、前日にプレ飲み会やって話しておいて良かったです。

えー、個別のコメントは割愛。

一次会は1時間延長して10時終了。「延長」って変わった飲み屋だなと思ったけど、基本、飲み屋でもあるし、カラオケボックスでもあるという変わった店でした。飲み放題なので「焼酎ロック3杯」とか、とりあえず注文するときは必ず3杯単位で注文していたら当然のごとく泥酔してしまった。

二次会行こう、どこへ行こうかとウロウロしていたら、カラオケいかがっすかーと声をかけられる。カラオケかーどうするかなーと優柔不断に酔っぱらい同士でぐだぐだ話していたら、人間城さんがさっさと入る手続きを進めてくれました。

で、入った店が一次会とおんなじ店(笑い。店出て、ウロウロして、客引きに導かれてまた同じ店に戻ってきたという、アホ丸出しの集団です。

まいっかーという感じで歌って飲んで。

店出たら、おいおい、もう1:30じゃねーか! かえれねーよ!

その後のどうでもいい顛末です。いちおう記録しておきます。

よく経緯は分からないのですが(酔っ払っているため)、いつのまにかメンバーは6人となり、しらとりさんが「夜明かすならクラブ行きます?」と言ったので「OKOK」とテキトーな感じで同意、しらとりさんとかじりんさんがスタスタ移動しはじめると、某さんが逆方向へ歩き出す。どうやらホテルに帰るらしい。それは構わないんだけど、帰る某さんを暴れん坊将軍よしきがおっかけていくので、おいおい大丈夫かよと思い、よしきをちょっとおいかけたのですが、いかんせんおいかけるオレも酔っ払っているのですぐ見失ってしまいました。そうしているうちにクラブ行き組も見失った。ということで、いきなり午前1時の新宿で、kinopさんとぼくの二人ぼっちになってしまいました。

どうするか…ぼくは実家にタクシーで帰れないこともなかったのですが、鍵持ってないので、こんな時間に帰ってオカンや翌日ゴルフが控えているオトンを起こすのも大迷惑だし…どうしよう、でも正直もう飲めないしなあ…などとkinopさんと話しているところになんと渡りに船、タイミングよくオカンから電話。「あんたどうする予定なの?」「ハイ、お母様、今からスグタクシーで帰ります!」と即答。kinopごめん! kinopを寒空に残してタクシーに飛び乗りました。これで布団で眠れる!

しかしよく帰れたな。とにかく財布、デジカメ、傘などを忘れないよう、タクシーの中では荷物を握り締めていました。タクシーを降りると、握りしめた荷物のなかに見覚えない黒糖かりんとうとゴーフレットが。「?? もしかしたらタクシーの前の客の忘れ物を持ってきた?」と思ったのですが、あとからとこりさんからもらったお土産だと判明。

…もらったことをまったく覚えていません。

いやあ、こんな状態でよく財布をなくさずに帰れた。感心感心。って、ええとししたオッサンが…。とこりさんありがとうございました。

泥酔したなりにいちおう運営者としての義務感もあり、写真はいっぱい撮ったんですが、見返すとほんとに楽しそうな、良い顔しています、皆さん。写真見ながらまたニヤけてしまいます。

ということで、予想以上の盛り上がりで、これもひとえに参加者の皆さんのおかげです。こんな弱小サイトの記念オフに参加してくださって感謝感激です。ありがとうございました。

さ、次は大阪だ!