読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキスト庵10周年オフ会@大阪 終了

テキスト庵10周年オフ会の大阪編が12月12日、まさにテキスト庵10周年記念日に執り行われました。

東京編はとにかくものすごい、圧倒的ハイテンションでしたが、大阪会場はそうならないだろうという予想がありました。暴走大トラ・よしきと、トーク女王・とこりさんという、東京オフのハイテンションぶりの立役者であるお二方がいないというのがその理由の第一です(暴走大トラは大阪会場にも生息することが後に判明しましたが)。理由の第二は、一次会から座敷&個室だった東京会場と違い、大阪会場の一次会はテーブル&椅子だということです。座敷は乱れやすい(?)ですからねえ。理由の第三は、大阪会場の女性率が高いということです。東京会場は男女比が10対5でしたが、大阪会場は、一次会に限れば5対6ということですから、東京のような無茶なノリにはならないだろうと。

さて、実際のところどうだったんでしょうか。

…と思って書いていたら名倉さんのおもしろすぎるレポート(12/13)がアップされて書く気をそがれかけましたが、頑張って書きます。ふつうのレポートを。

まず、オフ会の始まりですが、幹事であるワタクシがいきなり12分遅刻するという失態をおかしてしましまいた。もともとスケジュールがぎりぎりだったんですが、その日にあったマンションの理事会の時間が押してしまい、その余波で遅れてしまったというわけです。道に迷って電話してきたnadireさんに「現地に着いたら、先に始めといてくださいと言っておいてください」との伝言を頼んだのですが、遅れて到着すると皆さん空のグラスを前に、かしこまって待っておられる。「飲み放題は飲み開始時間からカウントして90分」というルールだったため、ぼくの到着を待ってくださったとのこと。(ちなみに東京会場では時間ぴったりに到着したにも関わらず、すでに飲みが始まっており、よしきが小トラぐらいになっていたことを付記しておきます。)

ううっ、すみません。こういう、「初対面同士で待機」がいかに気まずいものか。申し訳ないっす。とりあえず乾杯ということで酒をついでいるところでちょうど名倉さんが登場。不幸中の幸い? タイミング良く11名全員で乾杯することができました。東京会場では乾杯の際、挨拶しましたが、今回は遅れがあったので、挨拶なしでとりあえず乾杯であります。

というわけで、最初にミソが付いてしまったので、スローなスタートとなりました。開始10分後にはトップギアに入っていた東京会場とは対照的です。大阪会場は女性が多いというのも、エレガントさに輪をかけていたと思います。だって、東京会場では、サラリーマン+職業不詳のおっさんたちが多数派でしたが、今回は見渡すと、目につくのはシックな服装の女性ばかり(「ニルヴァーナ」Tシャツを来ていた一名を除く)。イメージでいえば、東京会場=ネクタイ、大阪会場=ネックレスですよ! しかもフツーに麗しい方々ばかりだし!(注:東京も同じぐらい麗しい方々ばかりでしたが、むさくるしいオッサンの印象が強くて不利でした。)

しかし、最初は若干固かった飲み会も、さすがは皆さん引き出し豊富な大人です。自主的に席替えがどんどん起こり、移動先でも話題に事欠きません。快調にメートルが上がって行くのでありました。

f:id:ultravisitor:20091212214657j:image

ちなみに、会場は梅田ではけっこうお気に入りの店なんですが、コースメニューは正直いまいちでしたね。残念! あまり食べられなかったけど一番おいしかったのが、別で注文したオニオンブルーミンだった気がする。

さて、一次会で4時間を消費した東京会場とは違い、大阪では一次会は2時間。実際は2時間半はいましたが、「ようやく調子乗って来たところなのに!」というところであります。移動がめんどうだったけど、二次会から参加のまごさんと部外者(笑)のうでぃから電話がかかってきたので清算して出ました。

しかし幹事って大変ですね。二次会参加者は、プチ遠方ではやくも終電のゴロミさん以外全員参加+二次会から参加の2人=12人ということで、人数一次会より増えとるやんけ! この12人で大阪の雑踏をぞろぞろと店探しするわけにはいかないので、先日下見に行った店とは全然違う店に電話かけまくって席を運良く確保。酔っぱらって移動しながら談笑している人々を店に押し込むと、ぼくは店を出て、あるところにダッシュ。「あるところ」とは…予約していたホテルであります。一次会に遅刻したせいでチェックインまだだったんですが、二次会は0時過ぎるという確信があったので、チェックインするなら今しかない!と考えた訳です(そしてこの判断は正しかった)。

急いでチェックインしたあと、またダッシュで二次会会場に戻りました。酔っぱらっているのにダッシュして、頭痛がしましたが、飲みを再開したら直りました。電報は一次会では紹介する時間が取れなかったので二次会で紹介しました。かなりグダグダになりかかりましたが、気合いで朗読。

それはさておき、二次会では某名倉さんが一次会以上の暴走を見せてくれました。まごさんに「よしきとchikiを合わせた感じやな」と言われてましたが、本人はよしきもchikiさんも知らないだろうし、それ以前に酩酊状態で何を言われているかも分かってなかったことでありましょう。ちなみに、ぐにゃぐにゃになった感じがchikiさんっぽく、セク○ラアクションを連発するのがよしきっぽかったです。

さて、東京オフで路頭に迷った人間が何人もいたというレポートがあったおかげで、大阪オフでは「帰れなくなること」への警戒心が非常に強く、江草さん、toshikkさん、りなこさんの三方(+うでぃ)は強い意志を持って終電に間に合うように帰られました。それもあって、午前2時半の二次会の解散時に残ったメンツで路頭に迷ったのは名倉さん一人という優秀な成績で終えることができました(残りはホテルまたはタクシーまたは自転車)。

次の日は、温泉入って、ガーデンズで買い物して、コールドストーンで店員が受け持ち学生だったのに面食らったりして、帰宅は結局夜。疲れたけど楽しかったdeath!

最後に、東京と違って今回は全員と話す時間をとれたので、各人の感想をば。東京と違い(?)、大阪はテキストの印象と違う人が多かったような。名倉さん以外。

  • Jack さん @Sojin Project(一番最初にオフ参加表明をしてくれた方です。二番は東京会場のkinopさん。twitterの写真のような恐ろしい人が来るのかと思ったら、柔和な紳士でした。今回もっとも「大人」な参加者だったかもしれません。パーフェクト大阪弁で、大阪の親戚の集まりにいて違和感ない感じの方です。)
  • 誤路美さん @だからどうした(参加表明が来たとき、殺されたらどうしようと恐怖心を覚えましたが、ちょう明るいおねーさんで(って、ぼくのが年上だけど)、ブログの罵倒は江戸っ子みたいだけど、完璧関西弁の方でした。大阪の親戚の集まりには必ずいそうなタイプの方。)
  • 江草乗さん @江草乗の言いたい放題/江草乗の大人の物欲写真日記(東京ですでにお会いしていました。Jackさんと同じく、柔和な紳士ですが、今回は江草さんの複層的な面の片鱗をかいま見た気がします。)
  • toshikkさん @ネコとあくしゅ(遠方ナンバーワン? 今回の女性陣でもっとも「大人」だったかもしれません。イメージしてたより(?)クールだった。でもけっこうしゃべりましたね。「熱い握手した」って何のことかと一瞬思い出せなかったけど思い出しました。)
  • ひるあんどんさん @うだうだ帳(イメージと違いましたね〜! 桃井かおりのようなけだるい感じの人が来るかと思ったら、これまたえらい明るい感じの人でありました。今回ではもっともご近所さん? )
  • nadireさん @パン・ド・ミーが焼けるまで (この人もイメージと違いました。もっと普通の人かと思っていたんですが…。普通じゃなくてびっくり。しかも美人で二度びっくり。びっくりする順番が違うような気もしますが。遠方ナンバースリー。)
  • 鹿田内りなこさん @新・鹿田内りなこさんのぺえじ(遠方ナンバーフォー。東京に続き二度目。人間はこうやって操るものなのかと勉強になりました。)
  • CHARADEさん @Adminではないけれど(遠方ナンバーツー。はっきりいってちょう面白かったです! しかし真面目な方です、ほんと。見習いたいです。)
  • naugraさん @プチ日記 (Otearai Web コラム)(店に入ってきたときは「えっ、ふつうにカッコイイ二枚目じゃん、こんなの名倉さんじゃない!」と思いましたが、すぐに期待通りの大トラに。その後、期待以上の大トラ。軟体動物のようにぐにゃぐにゃになってました。最後の方は呼吸するように「Fuck!」と言っていました。ぐでんぐでんになりつつテキスト庵をものすごく持ち上げてくれていたのが微妙に嬉しかったです。テキスト庵の良さについて他の人に説教するのはどうかと思いましたが。)
  • あぼかどばななさん @avocadobanana(特にコメントございません。癒し系はともかく繊細というのは??)
  • まごさん @うらまご(二次会から参加。テキスト庵以前からの付き合いなんで…といっても会うのはまだ3回目か。まご流昔話が炸裂。てか、オレもそのへんの人たちのこと知らんがな!とツッコむも、気にせず話続けるまご爺。)
  • うでぃ(二次会から参加。テキスト庵的には部外者。テキスト庵以前からの知り合い。10年ぶりに会う。まったく変わってないのでびっくり!)

こんな感じで。

オフはあと10年いいやと思ったけど、もうちょっと話してみたい、まだ話半分だという思いが残っています。ハイ。

とまれ、参加者の皆さん、電報をくれた皆さん、ありがとうございました!