読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリーズ・ゴールド (1997) ★★★★★

監督:Victor Nun~ez

映画のエンディングにかかる曲ってすごく重要だと思う。それで映画の印象が左右されたりする。この映画のエンディングはヴァン・モリソン。それがこの映画を象徴していると思う。甘いも酸いもかみわけたような燻銀。

頑固な養蜂家(ピーター・フォンダ)の家庭の崩壊と再生をテーマにしたこの映画、血なまぐさいようなストーリーをからめつつも、全体としては、田舎の美しい自然とピーター・フォンダの抑えた演技によって、淡々と進んで行く。そう、ヴァン・モリソンの音楽のように。

映像も音楽も脚本も俳優みんな良い。アメリカ的につまらない長寿シットコムの「ホーム・インプルーブメント」でティム・アレンの奥さん役で(アメリカでのみ)知られるパトリシア・リチャードソンまでもが良い! 良い映画です。タイタニックがオスカーを総なめにした年、地味にピーター・フォンダが主演男優賞にノミネートされたのも当然。風景が美しいので銀幕で見ればよかったと後悔。 (06/05/2000)