読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人気者せんとくん、遷都祭後は「転職」 まんとくんは…

人気者せんとくん、遷都祭後は「転職」 まんとくんは…(asahi.com)

 「せんとくん」が大活躍している。奈良県で開催中の平城遷都1300年祭の公式マスコットとして披露された当時は「気持ち悪い」と言われたが、いまでは国内外から引っ張りだこだ。遷都祭はまもなく幕を閉じるが、県の観光マスコットへの転職も内定している。

 せんとくんは毎日、遷都祭の会場でスペシャルステージに登場する。かと思えば、滋賀県庁で嘉田由紀子知事に奈良特産「柿の葉すし」を渡したり、神戸まつりの会場にいたり。今年1〜6月だけでも県内外の438のイベントに参加。その後も上海万博や韓国の「2010世界大百済展」、名古屋城でのゆるキャラ祭りと東奔西走する。

 2008年2月に初登場した当時は、さんざんだった。奈良の守り神である鹿の角を頭にはやした童子(どうじ)の姿に「キモイ」「仏様を侮辱している」と批判にさらされた。それでも一生懸命に人前に出続けると、「キモカワイイ」と評判は上向き、全国的な人気キャラクターに成長した。

 一方、せんとくんのライバルとして市民団体が公募し、08年6月に登場した「まんとくん」は今、活動を続けるためにスポンサーを募集中だ。

 平城宮朱雀門を模した帽子をかぶり、マントをまいた愛らしい鹿の姿。関連グッズは150種を超え、月4、5回はイベントに出る。しかし、交通費など市民団体の持ち出しが多く、ボランティアで続けるのは難しいようだ。デザイナーや商店主らでつくる「まんとくんネット」代表の村上正師さんは「来年6月の3歳の誕生日までには身の振り方を決めてあげたいのですが……」と悩ましげだ。

せんとくん、すっかり定着しましたね。各地の観光地にせんとくんの像があると、今でも「うおっ」と絶句し、その後記念撮影をしてしまいます。2年経って未だインパクト衰えずという感じでしょうか。「愛らしさ」より「小憎らしさ」。ゆるキャラを排してあえてこれを選定した関係者は慧眼の持ち主だったと言えることになるでしょうか。

せんとくんツイッターでも、「せんと、ヒートテック欲しい」とか、軽くイラっとするキャラで書き込んでいて、うまいですね。うん。

参考までに、当ブログでの2年前のせんとくんエントリ