読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneナビ

さて,ナビです。

先先代の白熊(イプシロン2)はポータブルナビ(Nav U),先代のバニ朗(パンダ2 4x4)は元から2DINナビ(Strada)が付いていましたが,ごっさんはどうするかというところですが,とりあえずiPhoneのナビで当面行くことにしました。

iPhoneで今無料で使えるナビといえば,iPhone標準マップのナビ機能と,Google Mapsアプリのナビ機能が代表的じゃないかと思います。

かつては「使えないアプリナンバーワン」と言われたiPhone標準マップも,iOSのアップデートでようやくマトモになりました。一方,Google Mapsは地図の王者ですから,どちらが良いのか,同じルートで使ってためしてみました。

(写真はiPhone標準Mapのナビ機能)
f:id:ultravisitor:20130427202457j:plain

【検索】

目的地の検索はやっぱりGoogle Mapsの圧勝。安定の検索です。標準マップは,表示画面で検索ヒットしなかったらすぐに『見つかりません」とギブアップするし,検索ワードが正確じゃないとヒットしなかったりと,けっこうイラっとします。ただ,標準マップは住所録(「連絡先」)と連動しているのはプラスかな。

【ルート候補】

どちらも複数ルートをサジェストしてくれますが,Google Mapsは「高速を使う,使わない」を設定できるのがいい。標準マップもそういう機能欲しい。というわけでGoogle Mapsの勝ち。

【ルート案内の馬鹿度】

どちらも,ポータブルナビや据え置きナビに比べるとルート案内はお馬鹿です。引き分け。

【ルート案内の音声】

標準マップは合成音声なので,イントネーションが変。もやもやさまぁ〜ずのナレーションのイントネーションみたいです。Google Mapは録音音声なので自然です。(どうやってんだろう? 随時ダウンロードしてるんかな?)ということで,Google Mapsの勝ち。

【ルート案内の見やすさ】

これは,標準マップの方が字が大きくてすごくみやすいです。Google Mapsは若干字が小さく,老眼には辛い。標準マップの圧勝。

【地図自体】

地図自体の「カッコ良さ」でいえば,3D表示の標準マップの方がカッコいいです。

ただ,標準マップは情報量が少なく,コンビニやガソリンスタンドを表示してくれないことが多いです。情報量は,Google Mapsの勝ちです。

【バックグラウンド動作】

ここまでだと,総合的に標準マップが圧倒的に不利な感じですが,標準マップにはGoogle Mapsにはマネできない機能があります。それは! 他のアプリを動かしているときでもバックグラウンドで動作し,「音声案内」および「簡易アイコン案内」があるということです!

たとえば,音楽アプリでジャケットや曲名を表示させている状態で,同時にナビしてくれるということです。これはApple謹製だから許される技。Google MapsはGoogle Mapsを表示しないと案内してくれません。

それから,上に書いたように,ルート案内の表示自体は標準マップのほうが圧倒的に見やすい。これが見にくいと危険ですから,ここでのGoogle Mapsの失点は痛い。

【判定】

ということで,項目数だけでいえばGoogle Mapsの方が勝っているのですが,クリティカルな機能で優位に立っているということで,この勝負,標準マップの勝ち!です。

あとは,高速乗ったときにサービスエリア情報教えてくれるアプリがあったらいいんだけどなあ。