読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒天のパンダリーノ2011に参加

去年初めて参加したパンダリーノに今年も参加しました(5/29)。しかし天気予報が芳しくなく、しかも降雨予報が一週間前の段階では40%だったのに、当日が近づくにつれて70%、80%、そして最終的には100%にorz

しかし、前泊で浜名湖宿泊するのもパンダリーノと同等?のイベントだし、パンダリーノ実行委員会の方々も悪天候で気が気でないでしょうから、応援するためにも迷わず出発しんこう!

f:id:ultravisitor:20110528144653j:image

バニ朗頼むで!ぶーん。

あっという間に浜名湖ホテルハーヴェストに到着。この段階では、比較的小雨。

f:id:ultravisitor:20110601211504j:image

東急リゾート系のホテルですが、内装も非常にきれい、部屋も広く、(雨ながらも)部屋から浜名湖が見えて良いホテルでした。去年は節約してビジホに泊まったんですが、ビジホだとほんと、「泊まるだけ」って感じなんで、どうせ金払うんなら良い思いしたいということで今年はここにしました。

f:id:ultravisitor:20110528180203j:image

夕食はバイキング。じゃらんの口コミでは賛否あったんで少々不安でしたが、悪くはありませんでした。ただ、料理がどれも小粒で、ガツーンとパンチのある一品がなかったのが残念。浜松餃子もありましたが、残念ながらこれもいまいち。餃子は来年リベンジします!

f:id:ultravisitor:20110528192931j:image

とりあえず結論としては、バイキングで「元取った〜」とか言える歳ではないな、というのがスーパー同居人ちゃんとの共通した感想でした。そんな喰われへん。

ちなみにレストランも湖畔の眺望が良いはずですが、夜はとうぜん真っ暗でなにも見えず。朝はなかなかに開放感がありました。

f:id:ultravisitor:20110529081552j:image

朝もバイキング。とはいえ、朝もそんなに喰えるもんじゃないから、基本的な定番メニューであるところの、(1) コーヒー、(2) オレンジジュース、(3) パン、(4) スクランブルド・エッグ、(5) ソーセージ/ベーコンというコンチネンタルブレックファーストに落ち着きます。てか、このメニューが最強。

f:id:ultravisitor:20110529081641j:image

…といいつつ、やっぱり和食もちょっと食べたくなり、五穀粥もいただきました。

f:id:ultravisitor:20110529084322j:image

さて、ホテルをチェックアウトして、一路パンダリーノ会場である浜名湖渚園へ。10時30分前後に会場に到着。

さっそく数日前に買ったばかりのパティオタープ(キャンパーズ・コレクション ハイコンパクト パティオタープ 220)を設営。タープを買うのは初めてなのでかなり悩んだ末、軽量アルミのこれにしました。パティオタイプは壊れやすいとか、その中でもアルミフレームはさらに壊れやすいとか聞いていたのですが、あまり使う機会もないし、使い捨て覚悟で軽量・小型優先で買いました。

f:id:ultravisitor:20110529111430j:image

初めてだったんでちょっと手間取りましたが、説明書見なくてもなんとか設営できました。基本的には傘の骨みたいな感じですね。風があったのでロープを張らないと駄目でしたが、ロープを張ったら嘘みたいに安定しました。

しかし、タープの設営で開会式には参加できず…。

有り難いことに、タープ設営の段階で、スーパー同居人ちゃんの似顔絵のお客様が一組来てくださいました。嬉しい!!! パンダリーノ初参加の方(ルナロッソさん)だそうですが、赤ちゃんの似顔絵のご依頼を入場前から決めてくださっていたそうです。有り難や〜。今回のお客様はこれ一組でしたが、この悪天候では仕方がないですね。風が強くて、パティオタープの中にいても水滴がどこからともなく飛んできて、水彩で絵を描くスーパー同居人ちゃんにはかなり過酷な状況だったようです。

f:id:ultravisitor:20110531215035j:image

ちなみにこのタープは、ハーフの日よけシートがついていましたが、これもすごく役に経ちました。もちろんフルの日よけシートだとベターですが、ハーフでも有り難かった。

さて、パンダリーノもう一つの収穫は、なんと、見ず知らずの「ケロ号改」(エントリーNo. 32)のオーナーさんから、リバースロック用のシフトノブをいただいたこと!!!

f:id:ultravisitor:20110601202444j:image

詳しくは伺いませんでしたが、想像するに、当ブログの「このエントリにて、リバースロックでないシフトノブを間違って買って取り付けに苦労した話を書いたのを読んでいただいて、それでお声をかけていただいたのかもしれません。しかしいずれにしても、いきなりのプレゼント、ほんと身に余る幸せです。そのうち取り付けます!

ちなみに「ケロ号改」は下の写真の左側の車。恐るべきスパルタン・パンダです。遠くから見てもすごいですが、近くでみるとこれまたハンパないです。今回は残念ながら悪天候のため他のパンダをじっくり見ることはできませんでしたが、このケロ号改はバニ朗のそばにおりましたのでじっくり見させていただきました。今まで見た旧パンダで一番ぶっとんでます。残念ながらホームページなどはお持ちでないようですが、もしあったら即効でブックマークするんだけどなあ。

f:id:ultravisitor:20110529115151j:image

で、パンダリーノで良かったことその3は、↑の写真右側のニューパンダ4x4のknobuさんと再会できたことです。まあ、地元のご近所さんなので、わざわざ静岡で会う必要は特にないんですが(笑)。

しかしknobuさんが車検のどさくさにまぎれて奥さんに隠れてこんな↓秘密兵器を装着していたことを初めて知って驚愕。

f:id:ultravisitor:20110529120139j:image

すごいなー。こんなん付けているニューパンダは間違いなく日本でこれ一台です。これ見られただけでも収穫でしたわ。もちろんknobuさんトークも満喫できました。

さて、昼12時になっても雨風は弱まるどころか強くなる一方。正直、他のパンダオーナーさんたちと交流する雰囲気でもなく(フリマのはじっこの方にいたせいもありますが)、しかしせっかく来たので写真撮るために会場を一周しました。

そんな中でひときわ目を引いた↓バン化(クラブマン化?)した旧パンダたち。カッコいい!

f:id:ultravisitor:20110529122851j:image

↓バニ朗&パティオタープ。タープは強風にバタつきながらも、意外にしっかり着地していました。よく頑張った!

f:id:ultravisitor:20110529122545j:image

台風が近づいているせいか雨も風も強まる一方で、パンダリーノ参加車たちも次々と撤収。今回お話できたのはknobuさんとケロ号改さんと似顔絵依頼いただいたルナロッソさんの三組だけ(;_;)。似顔絵営業の呼び込みをしようにも、開店している会場の端まで人が来ない状況だったので、もっともお客さんが来たとしても水彩画を描ける状況ではないので、我々も1時ごろには撤収することに決定。

f:id:ultravisitor:20110531215036j:image

で、せっかくなのでうなぎを喰おう!と、ネットで割と評判が良かった三ヶ日の「加茂」といううなぎやさんへ移動。去年サービスエリアでうなぎを喰ったがいまいちだったので、そのリベンジ。

f:id:ultravisitor:20110529140146j:image

メニューはいたってシンプルで、基本的にうな重・うな丼・白焼きのみ(あと天婦羅もあったみたいだけど)。オレはうな重(上)2400円、スーパー同居人ちゃんは白焼きご飯2200円を頼みました(いずれも肝吸い付き)。この200円の差は何なのかな〜。ちなみにうな重(特上)3000円は、うなぎの量が多いということ。(上)でもうなぎ一匹入っているので、(上)にしました。うな重(上)とうな丼(特上)は同じ値段で、中身は同じ、器が違うだけとのこと。うな丼(上)は200円安く、ご飯の量が少ないだけらしい。うな重(上)=うな丼(特上)でも特にごはんが多いというわけでもないので、うな丼(上)の価値はあまりなさそう。

f:id:ultravisitor:20110601211516j:image

お味の方は…うまかった! うなぎの味はそんなにわかりませんが、さすが炭焼きだけあって、風味があるし、皮も今まで食べたなかで一番カリっとしていて、カリふわでおいしかった。また、白焼きは初めてだったけどこれまた、あっさりしつつもコクがあって新鮮なうまさでした。わさびとしょうががありましたが、個人的にはわさび醤油の方が良かった。

うな重2400円って高いな〜って以前は思ってましたが、その日帰りに行ったスーパーでうなぎ一匹パックが1800円でしたから、+600円で炭焼きの焼きたてうなぎが肝吸い付きで喰えるんだから、高くないなと思いました。

ということで、パンダリーノ自体は2時間ぐらいしかいられなくて不完全燃焼でしたが、シフトノブもいただいたし、素敵な方から似顔絵依頼いただいたし、knobuさんの改造車(笑)見られたし、うまいうなぎ喰えたし、総合的には良かったです。でも来年はぜひ晴れて欲しい!

最後に、途中、湾岸長島SAにあった足湯の写真です。この足湯は泉質が良かった。おすすめ。

f:id:ultravisitor:20110529160912j:image

このあと、道を間違えて三重から名古屋に逆走したのはヒミツです。