読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第24回福知山マラソン走った

さる11月23日,福知山マラソン走ってきました。その2週間前に西宮国際ハーフを走って脚ならしをするつもりだったのですがあいにくの雨天で自主的に棄権。西宮国際ハーフは舗装されていない武庫川土手を走るコースなんでさすがに雨の中走る気にはならず…。

というわけで,西宮国際ハーフにも棄権,加えてシゴトが多忙で練習不足の中,今期初のフルマラソン,不安もありましたが楽しみでもありました。

てゆーか,よく考えたら今回の福知山マラソンでσ(゚∀゚ )オレ史上フルマラソン10レース目だったんですよ! いやー我ながら驚きです。とはいえ,「楽しく走りたい」がモットーですので,記念すべき10レース目といっても特に気合は入れてませんでした。あまり練習もできていないので気合いれてもしょうがないし。

ただ,前回のフルマラソン(3月の能登和倉万葉の里マラソン)は残念ながら4時間オーバー。今回は,練習足りないながらも,やっぱりサブフォー復活したいという思いはありました。

それに加え,小出監督の「後半ペースを上げる」という走りもやってみたかった。

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 角川SSC新書

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 角川SSC新書

ハーフやフルマラソンでは後半ペースが落ちる人が多いため,後半ペースを上げる走りをすると後半にごぼう抜きできて気持ち良いし,ゴールしたときの充実感もあるんですよね。しょせんアマチュアランナー,いくら記録なんてねらったって自分より上は山ほどいるわけですから,記録なんかより,自分が納得できる走りかどうかが大切だと思うんですよ。

とはいえ,ハーフぐらいなら後半ペース上げる走りもできますが,フルでそれができるのかどうか……。いくら前半で体力温存しても,後半はやっぱり脚が動かなくなるのではないか。そう思うとなかなか前半ペースをぐっと抑えるビルドアップに踏み切れない。と,今まで思っていたのですが,今回はそれに挑戦することにしました。

サブフォーを達成するには,全体をキロ5分30秒で走れれば十分。直前の練習では10キロをキロ5分00秒で走れていたので,5分30はだいじょうぶだろうという感触はありました。

ということで,目標は,キロ5分30秒で走り,30キロすぎで頑張って5分20なり5分10なりで走る!

さて結果はどうだったか。

福知山マラソンに出るのは初めてでしたが,フル出場者がちょうど1万人と,最近ビッグレースに出ていないσ(゚∀゚ )オレとしてはひさびさの大きな大会(中規模ながら)でした。しかし驚いたのは,荷物預かりサービスがないこと(貴重品預かりのみあり)。荷物は体育館にテキトーにおいておくという小さなレースでは見られる方式。しかしなんせ1万人規模の大会なので体育館も芋洗い状態(;´Д`)

f:id:ultravisitor:20141123090637j:plain

でもまあ神戸マラソンなど,マンモス大会は体育館もないし,芋洗状態でも朝の冷え込みを避けられるだけでもありがたいか。

天候は,朝こそ霧がたちこめていましたが,スタート時には好天に。その後も暑すぎず寒すぎず,良い感じでした。

f:id:ultravisitor:20141123101527j:plain

コースは適度に上下があるものの,総じて走りやすいコース。ただやっぱりランナーが多い。でもまあ,抑えて走るのが目標だったんで,かえって良かった? 田舎(失礼)の大会ながら応援はけっこう多くて励みになりました。また,給水所がコンスタントにあって,しかも500m手前から給水所の案内があるのはこれまた励みになって良かったです。500mってけっこう手前なんですよ。でも,そういう案内があるとメリハリが出て走りやすかったです。

自分の走りを振り返ると,まず,前半は予定通りキロ5分30で走れました。さすがに多少余裕があり,いつもは10キロ過ぎぐらいに「楽しすぎる!」という快感を得てその後ペースダウンしたりするのですが,今回はジョギングペースで走っていたため,そのハイな気持ちが20km代になっても持続,ずっとニコニコしながら走っていました(不気味)。

ちなみに今回は公務員ランナーの川内優輝選手が招待選手として走っていて,折り返しゆえすれ違うことができたのですが,さすが現役トップランナーですので,川内選手がもちろん1位で走ってくると,我々もランナーであることを忘れ,いっせいに大きな歓声と拍手で応援しました。やっぱり鳥肌立ちますね,疾走する川内選手を見られて感動です! しかも川内選手が通過した後,待てど暮らせど2位の選手がこない。まったくの独走だったわけです。いやーほんとうにテンション上がりました。

その後,30kmぐらいまでゆっくり走ればよかったのですが,我慢できなくなり,30kmを待たず,25kmぐらいでペースを上げてしまいます。後半だし,いいか,と。

しかし結果的にはちょっと早すぎた。30kmをすぎるとやはりだんだん辛くなり(;´Д`),35kmをすぎると,キロ5分30ペースを維持するのにまさに必死。そして40km手前の給水所で糸が切れ,最後の2キロはどっとペースダウン(;´Д`)

とにかく最後の2kmは辛くて,ただ,最後の最後の心臓破りの坂で,4時間ペースランナーの方が「もう少しだからみんな頑張って!」とすごく応援してくれて,こちらも辛さでもうろうとしているので,思わず涙が出て,涙の力でなんとか頑張りました。

結果,タイムはネットで3h55m13s。サブフォー復帰の目標は達成できました。とはいえ,10回走ったフルマラソンの記録のうち,下から4番目の記録ですけど(;´Д`)

さて,今回のペースですが,昨シーズンの最初のフルマラソンである赤穂義士マラソンとの5kmごとのキロあたりペースを比べてみると……。

赤穂義士マラソン2013 福知山マラソン2014
-10km 5:03 5:39
-20km 5:06 5:31
-30km 5:24 5:27
-40km 6:02 5:36
-42.19km 6:38 6:00
ネットタイム 3:51:56 3:55:13

今回は「後半ペースを上げる」走りを目標にしたものの,20-30kmでペースを上げたが30kmすぎて再度ペースダウン,最後で力尽き……と,成功とはいきませんでした。よく考えたら小出監督の本も「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン」というタイトルなんだから,25km過ぎでペース上げるのは早かったのかも。

まあそれでも,今までの「後半にヨロヨロ」感はだいぶ克服されて,オトナの走りに近づいたかな,と思います。

とはいえ! タイムだけ見れば,去年のファーストマラソンの赤穂義士マラソンより3分以上も遅い。うーん,前半押さえるのと前半頑張るのとどちらがいいのか(;´Д`)

というわけで,次回のフルはその赤穂義士。テキトーに頑張ります。

おまけ:川内選手のキロあたりペース

福知山マラソン2014
-10km 3:03
-20km 3:07
-30km 3:12
-40km 3:12
-42.19km 3:20

'`,、('∀`) '`,、100m全力疾走でもこのスピード出ませんわ


今後の予定:
12/7 赤穂義士マラソン(フル)
12/21 三田マスターズハーフ
1/11 武庫川新春ロードレース(ハーフ)
2/8 すもとマラソン(ハーフ)
2/15 高知龍馬マラソン(フル)
3/1 篠山ABCマラソン(フル)

過去の記録(フル):

Date Name Net Time
2014.11 第24回福知山マラソン 3h55m13s
2014.03 能登和倉万葉の里マラソン2014 4h14m30s
2014.03 第34回篠山ABCマラソン 3h45m19s
2014.02 2014 高知龍馬マラソン 3h46m42s
2013.12 第22回赤穂義士マラソン 3h51m56s
2013.3 鳥取マラソン 3h57m46s
2012.12 第24回加古川マラソン 3h42m41s
2012.11 第2回神戸マラソン 3h46m56s
2011.12 第2回奈良マラソン 3h50m11s
2011.11 第1回神戸マラソン 4h20m46s


過去の記録(ハーフ):

Date Name Net Time
2014.10 和歌浦ベイマラソン 1h53m59s
2014.04 芦屋国際ファンラン 1h42m46s
2014.02 第3回すもとマラソン 1h45m20sぐらい
2013.10 第4回軽井沢リゾートマラソン 棄権(19.6km 2h17m32s)
2013.10 碓井峠ラン184 1h47m26s
2013.04 芦屋国際ファンラン 1h43m28s
2013.02 第2回すもとマラソン 1h45m41s
2012.04 芦屋国際ファンラン 1h46m11s
2011.10 和歌浦ベイマラソン 1h57m23s


過去の記録(ほか):

Date Name Distance Net Time
2014.05 30kmチャレンジラン 三木HARD 30km 2h44m01s
2013.06 第8回乗鞍天空マラソン 30km 3h38m34s(グロス)
2013.02 神戸バレンタインラン 5kmラブラン 32m47s
2012.11 養父マラソン&フェスティバル 25km 2h02m09s
2012.06 第7回乗鞍天空マラソン 30km 3h44m代
2012.01 第22回六甲シティマラソン 10km 48m代?
2011.04 芦屋国際ファンラン 10km(初レース) 51m27s