読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのフリック入力のためのタイピング練習ゲーム Flick Typing

突然ですが、iPhoneを念頭においたタイピング練習ゲーム「Flick Typing」を作ってみました。「作ってみました」といっても、ゲームのエンジンとなるjavascriptは自分で書いたわけではなく、 nuFuaueさん作の「Typing Game for iPhone」のjavascriptを(nuFuaueさんのご好意で)流用させていただいています。ありがとうございます>nuFuaueさん。また、一部でese-seさんが公開しているコードを使わせていただいています。感謝。

このFlick Typing、ゲーム性は低いですが、iPhoneのフリック入力をコツコツと練習したいという方(ぼくのことですが)向けにメニュー作られています。

ちなみにフリック入力とは、Apple独自(たぶん)の入力方式で、基本的は携帯でおなじみのテンキー入力なんですが、キーの連打ではなく、キーを押して指をスライドさせることによって入力できる新しい入力方法です。下の図は、iPhoneで「あ」のキーを長押ししたときの図で、「あ」を囲むようにして「い」「う」「え」「お」のキーが出現します。そして、「あ」を押したままで指をスライドさせれば「い」「う」「え」「お」のキーが入力できるという塩梅です。

f:id:ultravisitor:20090217014323j:image

この入力方法では、普通のケータイ式のキー連打の必要がありません。ケータイ式だと「え」列や「お」列だとキーを押しまくらなければならないわけですが、フリック入力では「い」列とまったく同じ労力で入力できるため、高速に入力することができます。

…とはいえ、フリック入力に慣れないうちは頭がこんがらがって、キー連打の方が早いということになりがちです。しかし、それは「慣れないうち」の話で、慣れれば、iPhone上のqwerty入力(フルキーボード入力)に肉薄する速さで打てるようになるはずです。問題は、iPhoneではパソコンほど長文を打つ機会がないので、なかなかフリック入力に熟練できないということです。フリック入力の修練のためのサイトがあればいいなと思って作ったのがFlick Typingであります。

f:id:ultravisitor:20090217014225j:image
f:id:ultravisitor:20090217014209j:image

iPhoneをお持ちの方、よろしければ一度遊んでみてください。とはいえ、素人のつくるお遊びサイトです。作りの荒いところは大目に見てください。ちなみにPCからでも、またiPhoneでもフリック入力以外の入力法でも遊べますが、メニューがフリック入力を念頭においているので、フリック入力以外ではあまり意味ないかもしれません。