読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参院選 自民党大敗

いやー良かった。もちろん民主党にはほとんど期待はしていないけれども、日本を駄目にする男、安倍の暴走に一定のストップをかけることができたという意義は果てしなく大きいですね。年金の件は正直安倍政権にとってはちょっと気の毒な争点ではあったけれども、選挙民の今回の「逆風」は年金問題というピンポイントの問題に対するNoではなく、ネオコンネオリベの政策に対するNoだと解釈するのが妥当でしょう。ネオコンネオリベの社会経済政策により、日本の社会構造・生活が急速に崩壊していく中、個人的な美的感覚にすぎないものを上からの視点で押し付けようとしたぼっちゃん首相もちょっとは考え直してほしいものです。もし本当に「美しい国」を前面に押し出したいならネオリベ政策を捨てろよ。あと、身内に妙に甘いのもいい加減にしてほしい。人一人死なせているんだし。