読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneにさっそくケース装着

どうせ2年で買い替えるんだし、ケースとか保護フィルムとか、いらねーっちゅうねん!

…とiPhoneを買う前は思っていましたが、いざ買ってしまうといそいそとケースを物色する悲しい性。いや、てゆうか最初はケースじゃなくて保護フィルムを探していたんですよ。というのも、iPhoneの画面って、フィルムなしの素のままだと発色は最高なんだけど、指がすべりにくくて操作しにくいんです。だからフィルム貼った方が良いだろうということで物色していました。

実は「たぶん使えないだろうな」と思いつつ、「電源オフ時にミラーになる」保護フィルム(ラディウス)を買ってみたんですね。やっぱり使い物になりませんでした。いや、iPhoneの画面がミラーになるのは素晴らしいし、すごくカッコいい。でも「電源オフ時にミラーになる」というのは、ようするに「黒画面では反射が強くなる」ということであって、ビデオ再生すると、当然画面に濃淡があり、その「濃」の部分でいちいち自分の顔が画面に写り込むので、見ていて気がちってしかたがない。また、全体に画面の彩度が落ちてしまう。さらに、ミラー画面なので指紋汚れがものすごく目立つ。画面に触れないのが基本の普通のケータイなら良いでしょうが、画面にタッチしなければ操作できないiPhoneにミラー画面は無理だとの結論に達しました。

で、ヘタにフィルム買うならいっそケースを買ってしまおう(ケースは保護フィルムとセットになっているのが基本なので)ということで、買ったのがCapsuleNeoというケース

f:id:ultravisitor:20081224134858j:image

これ、けっこうカッコ(・∀・)イイ!です。本体にまず薄いシリコン・インナージャケットをかぶせ、その上に二種類のプラスチックケースをはめるという凝った代物で、付属品が多いこともあいまって、なんだかプラモデル組み立てる気分になりました。しかし見た目は文句無しにカッコいい。手触りもチープさがなくて素晴らしいです。若干ぐらつきがなきにしもあらずという感じですが、あまりぴっちりと密着するケースだと逆に本体にはあまりよくないと考えたいと思います。

また、上や下の写真にある、iPhone横置きのスタンドが付属しているのもうれしい。

f:id:ultravisitor:20081224135256j:image

他に、保護フィルムはもちろん、イヤホンのイヤーパッド、Dockコネクタ差し込み口のふた、イヤホンジャックのふたまで付属しています。ぼくはがさつな人間なので、差し込み口のふたは使う事がなさそうですが、しかしこの細かいサービス精神には頭が下がる思いです。

ということで、またしばらくiPhoneの話が続くかと思いますが、逃げないでください。